【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】金の懐中時計

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】金の懐中時計

スポンサーリンク


俺の親父は、以前骨董屋をしていました。

20年位前、地方に蔵出しに行った際、
新物をダンボール1つ1000円で買ってきた。

そのダンボール箱のなかに、
風防つきの金の懐中時計が1つあった。

ブランド品でもない一般的な懐中時計だった。

ただ風防を開くと、
風防の裏に和服の女性の肖像が描いてあった。

その絵はお世辞にも上手いといえず、
どちらかと言うと気味が悪かった。

親父は、その時計を商品として売る為にその絵を消してしまった。

するとその晩から親父は高熱を出してしまった。

1週間近く高熱が続いた。

お袋は、時計のせいだと思い、
その時計を他の骨董品のおまけとして売ってしまった。

すると、不思議と親父の熱が下がって
ケロッと全快してしまった。

その時計を持っていったのは近県の骨董屋さんで、
その日から高熱が出たそうです。

いまその時計はどこにあるのかな・・・

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント