【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】釣り好きな上司

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】釣り好きな上司

スポンサーリンク


会社でのこと

自分のことを良くしてくれる釣り好きな上司が
年に1回離島遠征に誘ってくれていた。

遠征から戻り会社で釣果をスマホで披露し
仲間内ででこれは凄いなどと語していた。

自分が撮った写真にこの遠征で一番大きなヒラマサを釣り上げた上司が
得意げに映っていた写真があった。

上司にそれを見せると

「アレッ、こんな人いたっけ?」

と笑いながらぽつりと言った。

写真にはかなり遠くに背の小さな男が
こちらを見ているのが写っていた。

その瀬には自分たちの他にもう1組上がっていたのだが
みんな背が高い人ばかりだった。

写真に写っていた男は小さかったのです。

その場ではなんということもなく
それだけの話でした。

それから1ヶ月後
昼休み中ふと思い出したようにその写真を見ていたら
ちょっと変なことに気づきました。

あれ?小さな男こんな近かったっけ?

遠くにいた男が
上司の10メートルくらい後ろに立っていたのです。

顔もなんとなくわかりそうな距離になっていました。

上司に見せると
ちょっと気持ち悪そうにしていたが
それ以上は何も言いませんでした。

それから1週間後・・・・・・・

また思い出したようにその写真を見てしまいました。

その写真を見て血の気が引くのを感じました。

上司の真後ろにその小男が立っているのです。

顔もハッキリと確認出来ました。

上司を凝視している!

あわわ・・・
すぐに上司に電話をかけました。

しかし今日も釣りに出かけているとのこと。

携帯はつながらず
天気が悪いのがとても嫌な予感がしました。

嫌な予感を感じながらも連絡がつかないので
その日は寝てしまいました。

翌日・・・

上司は帰ってきていた。

しかも僕の家に魚を大量に持ってきたのである。

僕はあわてて写真の事を話し
それを見せた。

すると上司はたいして怖がりもせず言った。

「ああ....あいつか」

今度はちょっと嬉しそうな表情を見せた。

怖がらない上司を不信に思い
なんで気にしないのか問い詰めたが
鼻歌を歌うばかりで僕を相手にしてくれない。

本人が気にしないならいいかと思い
それ以上は余計な詮索はしなかった。

翌週その写真を見ると
小さな男はいなくなっていた。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント