【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】閉店後のパチンコ店

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】閉店後のパチンコ店

スポンサーリンク


おれ、元P店の店員だけど、
閉店後の店内・事務所ではけっこう霊てきに怖い思いしたことある。

1、閉店後、バイト・店長が帰宅して、
一人で金勘定してた時に防犯カメラを何気なくみたら、
明りの消えた店内(非常灯だけ)でスロット台に座ってる男がハッキリ見えた。

もちろん、セキュリティーシステム働いてるなら感知するのに、
なぜか鳴らなかった…

1分ぐらい映って消えた。

2、閉店後、明日の営業準備でスロットの設定を変更してるときに、
パチンコのコーナーから海のモード変更(プッシュボタン)を押す音がして、
見に行ったら誰もいなかった。

島の入り口から俺が、
どの台かな?こえーな…っと思ってたら、
真ん中の台あたりからまだ音がした…

とりあえずその台まで行くと、
数秒おきにモードが勝手に変わっていく…

しかたがないのでラムクリをして様子見したけど、
まだモード変更するんだよ。

なので、その席にむかって

「きょうはもう閉店です」
「ありがとうございました」

って言ったら、
モード変更しなくなった…

それ以降も同僚から

「また、海うごいたぜ」

とか言われたんで、

「ありがとうございました」

言えっていっといた。

それであの台なおるんだよな…不思議。。。

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント