【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】雨の山道

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】雨の山道

スポンサーリンク


昭和30年代も終わりの頃、
祖母はわらび採りに山へ入った。

そのうち雨が降ってきたので、
山道を足早に戻ろうとしたら、
前方から女がやって来る。

その人はスカートに手提げのバッグと街中を歩くようないでたちで、
それだけで充分変なのだが、傘は持っていないようだった。

すれちがいざまに祖母は女に軽く会釈したが、
彼女はシカト。

そして祖母は、
女が実は傘をさしていることに気づいた。

遠目ではそれに気づけなかったのは、
実は傘がまったくの無色透明だったからだ。

当時は傘自体が貴重だったが、
あるとしても真っ黒なコウモリ傘、
あるいは和傘が主流で、
透明の傘なんてありえない時代だったそうだ。

「今、100円ショップとかで売っているあのビニール傘にそっくりだった」

と祖母はいう。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント