【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】雨音

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】雨音

スポンサーリンク


爺様の話。

山仕事中に大雨に降られ、
カッパを羽織って作業を続けた爺様。

フードに当たる猛烈な雨音しか聞こえない中、
黙々と下生えを刈っていると、ふと音が消えた。

不信に思って顔を上げると、
相変わらず雨粒は勢いよく顔に当たるのに音が一切聞こえない。

「こりゃあ耳がイカレたか?」

と呟いたら、
その自分の声はハッキリ聞こえたそうな。

試しに持っていた鎌の刃を指で弾くと、
キンッと小さな金属音が確かに聞こえる。

それなのに雨音だけがまったく耳に響かない。

奇妙に静まりかえった山の中で、
爺様は心細くなり、震えながら

「勘弁してくれ」

と小さく呟くと、それに答えたのか、
唐突にバチバチッ!とフードを叩く雨音が戻ったという。

「狐狸の類にからかわれたんだろうな」

と当時を思いだして語る爺様であった。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント