【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】雪深い山奥にある施設

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】雪深い山奥にある施設

スポンサーリンク


雪深い山奥にあるちょい特殊な施設で、
まだ日が昇らない真っ暗な早朝から働いてる。

ある日パートさんと二人で仕事してたら、突然

「低い男の声がしなかった?」

と聞かれた。

自分は何も聞こえなかったんだけど、
この施設は周りが大墓地と誰も謂れを知らない謎の神社、
廃墟となったホテル数件、
大きな寺に囲まれた曰く付きの場所にあるから、
パートさんの言葉をひどく不気味に感じた。

ある場所に行くと必ず携帯の電源が落ちたり、
誰もいない施設の廊下に車椅子の音だけ響いたりと、
謎の現象はよく起きる場所ではある。

確かに特殊な施設で、
叫び声を上げる人たちもいるんだが、
それなら自分にも聞こえる筈。

とりあえず、仕事はたくさんあるので
その事は忘れて働き、休憩時間になった。

その時、今度はハッキリと低い男の声がした。

しかし、パートさんは

「何も聞こえなかった」

と言う。

吹雪や風の音を聞き違えたのかと気になって外に出てみた。

誰もいないのに、裏口には何かを引きずったような跡が
積もった雪の上にずっと続いていた。

いつもならドアノブに降り積もっている筈の雪が払われ、
裏口の前は雪が乱れていた。

跡を追ってみたら、何もない所でふっつりと途切れ、
ただひたすら静かに雪だけが降り続いてた。

パートさんには言えなかったよ。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント