【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】雲取山の闇

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】雲取山の闇

スポンサーリンク


15年ほど前の話。

奥多摩日原の雲取山に登ろうとしたときの話だ。

夜に登って、山頂で朝日が昇るのを見ようと思ったのだ。
(俺は山には慣れていたので、夜でも登ってた)

夕方になって東日原のバス停に到着。

あいにく雨がしとしと降っていたが、
山の上は雲を抜けて晴れている事が多い。

だからそのまま進んだ。

今でもそうだが、
日原の集落を過ぎると、
一本の街灯も無い。

しかも雨が降る=雲っているので、
星明りも無い時は、
ライトが無いと本当に何も見えない。

いや、見えないというレベルではなく、
質量を持った『闇』というものが、
周囲から自分を包むと言うか、そんな感じ。

ライトの向きによっては、
自分の手や足が無くなったんじゃないかと思えるくらい。

はっきり言って怖い。

夜の山に慣れていると言っても、
大抵は晴れているから、
東京の光で物が薄っすらと見える。

しかし、こういう時は違う。

真っ黒な『闇』しか見えない。

そんなわけで、
たまに自分の手足を照らしたりして、
林道を進んでいったのだが…

「あれ?」

今、自分の手首が無かったような…。

今度はまじまじと長袖の先を照らしてみる。

やっぱり、無い。

「ええっ!?」

怖いと言うより、
理解不可能な状況に、
その場に尻餅をつく。

雨ガッパズボンを通って伝わる雨水の冷たさに我を取り戻し、
起き上がろうとする。

起き上がれない。

「?」

下半身を照らすと、足首が無い。

「!?!?!?」

もう、どうしようもないので、
そこに座りこんだまま一夜を過ごす。
(折りたたみ傘をザックに刺しているので、
上からの雨は半分寝てても防げる。
寒さであんまり寝れなかったけど)

朝、明るくなると…

何の事は無い、手首も足首もある。

何だったんだろう?

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント