【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】電気クラゲ?

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】電気クラゲ?

スポンサーリンク


これは父が、
生死の境を三日間さまよった時の話です。

私が2~3歳の頃。

もちろん私には記憶がなく、
父および母からきいた話。

父もまだ若かったので、
頻繁に海に潜りに行き、
貝やらなにやらを採りに出かけていた。

うちは結構な貧乏で、
ウエットスーツのような良いものはなく、
父は長袖の肌着にパッチという、
それは素晴らしい格好で潜っていた。
(海中にはいろんな虫や魚がおり、
それらに刺されたり、身を食われないようにするためのものだったとか…)

装備するのは水中メガネのみ。

それで5~10m潜る。

ある日、父は友人と共に出かけ、
帰りはその友人の助けを借り、命辛々病院に運ばれた。
(急展開ですみません)

母が病院に駆けつけた時、
既に父は意識不明の重体だった。

医者に容態を聞くと、
ここ2~3日がヤマだという。

39℃から40℃の熱。

全身に広がるミミズ腫れと裂傷。

そして、なにかに巻き付かれたようなうっ血した痕。

医者や父の友人は、

「電気クラゲにやられたかもしれない」

と言っていた。
(それにしてもヒドイと、二人とも首を捻る)

そしてこの時、
医者はあることを見落としていた。

それとも敢えて言わなかったのか…。

それは後に母によってあきらかになる。

母は父につききりだった。

父の熱は下がらぬまま、
二日が過ぎ、三日目の夜を迎えた。

ベッドの上の父が突然苦悶の表情を浮かべたかと思うと、
体を掻き毟るように、体にまとわりつくものを剥がすように、
手足をジタバタさせながら叫んだ。

「コラーーー!!帰れーー!!メにあわすぞーーー!!!」

母は驚き、父に声をかけた。

「お父さん!どげしたかね!」

母が体をさすると、
父はスゥッと目を開け、

「○○(母の名)か…。俺は死なんけん」

と言い放つと、
またスゥッと目を瞑り、スヤスヤと眠りだした。

その後、父は驚異の回復をみせる。

(母の証言)

父が熱にうなされている間、
幾度か体をふいた。

その時は裂傷の包帯でよく分からなかったが、
体中に妙な痣がたくさんあった。

包帯が取れたあとを見てみると、
足や腕に、なにやら握りしめられたような痕が多数。

背中にも手形のようなものや、
引っかいたあとのようなものが多数あった。

素人の母が見てもそれらは、
手でつけられた痕のように思われた。

(父の証言)

父「あれは確かに電気クラゲだった!」(言いきる)

私「嘘ー、電気クラゲでそこまで酷くなるのぉー?」

父「(ポツリと)…クラゲの足にまじって、
ようけ人間の手がはえちょったぞ。
クラゲの頭にもう一つ、
坊サンみたいな首も乗っちょったぞ(ニヤリ」

…あの、それは妖怪ですか…
はたまた幽霊系ですか…

悩む私の横で、

「電気クラゲ!!」

と笑う父がいました。

ソレがどんな姿か想像して海に潜ると、
ちょっと怖いかも…と思う私の幼少期でした。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント