【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】2件の悪霊騒ぎ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】2件の悪霊騒ぎ

スポンサーリンク


まず家の説明なんですが、
母がかなり強い霊感を持っていて、
よく本職(霊媒師)の人から

「本職にならないか」

と誘われてるらしい。

そんなもんで、
うちの家には母を尋ねて来るご先祖さんが多いらしく、
結界の様になって、悪霊等は入って来れない状態だとか。

実際、私も少し霊感があり、
家の中で何度も良い霊(=ご先祖さん?)を感じたことがあります。

前置きが長くなりましたが、
そんな我が家で起きた2件の悪霊騒ぎを聞いて欲しくてカキコします。

その日はご飯前、大体7時過ぎに、
些細な事から私は母と大喧嘩しました。

その後お互い無視しあい、
ご飯が終わると私はさっさと二階の自室にこもり、
本を読んでいました。

すると、いつもは1時過ぎに寝る私が、
10時過ぎに急に意識を失う様に寝てしまいました。

次の日朝、
いつもは早く家を出る父が珍しく家に居て、
母を看病していました。

聞くと、母は夕べの10時過ぎから寝込み、
11時頃いきなり悲鳴を上げ、
発作の様なものを起こしたそうです。

日が経ち仲直りもしたある日、
唐突に母があの日の事を話し出しました。

母曰く、

「うちの家で悪霊に襲われた」
「銀色のミイラの様な干からびた悪霊が、足元から這い寄り首を締めた」

と。

母は病弱で、月に2~3度寝込む人で、
夜中に具合が悪くなり、
家族が看病する事が度々あります。

その時真っ先に気付くのは大概私で、
少しのうめき声でも目が醒めます。

が、その日は朝まで夢さえ見ないくらい深く寝っていました。

当時私は、
うちの家で珍しいなと思いましたが、
何か心の隅にひっかかるものがあり、
もやもやしていました。

そして3ヵ月程して、
またその悪霊が母を襲いました。

前回と全く同じ状況でした。

母と大喧嘩し、
お互いほぼ同時刻に意識が無くなり、
私は朝まで眠り、母は悪霊に襲われる。

そして、うめき声でも目が醒める私が、
近所に響くくらいの悲鳴に気付かない程寝入っている。

この時、前に感じていたもやもやが
何なのかはっきりわかりました。

襲っていたのは、
間違いなく私の生き霊の様なものだったんです。

自分でも信じられないのですが、
情況的にそれ以外考えられません。

悪霊とかよりも、
自分自身が怖くなりました。

昔あった霊障を思い出した時に話し出す母ですが、
未だにあの悪霊については、
ここに書いた以上の事を話しません。

母は正体を知っているのかどうかわかりませんが、
知っていて黙っていてくれている気がします。

幸いここ数年間、
あの悪霊は出て来てません。

ずっと心の中で溜まっていた私にとって最大級に怖い話で、
いつかどこかで打ち明けたいと思っていました。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント