【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】4人で輪になってだべっていた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】4人で輪になってだべっていた

スポンサーリンク


中学時代のことだった。

班に分かれて掃除をしていた。

うちの班はトイレ掃除担当で、
掃除が終わってトイレの前で、
掃除したかどうか確認する先生が来るまで、
4人で輪になってだべっていた。

3分ぐらい話してたかと思うんだけど、
ふと気付くと3人になっていた。

いつの間にか1人消えていたのだ。

その消えた奴が抜けるのを誰も見ていなかったし、
何より4人で小さい輪になってるんだから、
抜けるのを気付かないはずがないんだ。

皆で混乱してたら、そいつ、
トイレ前の階段から降りてきた。

いつの間に上に行ったんだ!?と問い詰めたが、
そいつ階段なんか上った覚えがないって言うんだ。

私達と喋ってたはずなのに、
ふと気付いたら上の階のトイレの前に立ってたんだって。

そいつが輪から抜けたのも誰も覚えてない。

あれは何だったんだろう。

生まれてきて唯一体験した不思議でならない話。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント