【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】1人山中宿

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】1人山中宿

スポンサーリンク


これは、私が山で遭遇した不可解な体験なのですが…。

今より数年前の学生の頃、
毎年恒例にしていた

『1人山中宿泊(登山、なんて本格的なものではないです)』

をした時の事。

食事も終わり、
1人で焚き火を見つめながら、
ぼんやりしていました。

そんな感じで1、20分も過ぎた頃です。

そろそろ寝ようかと思い、
何気なく周囲を見渡した時、
それは斜め後方の林にいました。

距離にして自分のいる場所から20mぐらいでしょうか?

木立の間に何やら青白い塊が見える。

何だろう?と思い、凝視すること数秒。

思わず呟いた言葉が、

「なんで顔だけ?」

真っ暗な林から、
男の顔だけがこっちをじっと見つめていました。

自分からの距離は先述しましたが、
その顔がある高さが尋常じゃありませんでした。

地面より確実に10mは上に、
顔だけがぽつりと浮かんでいたのです。

通常、こういう時は慌てるとか、
思わず叫んでしまうとかあるんでしょうが、
不思議と自分は冷静だったのを憶えています。

単に疲れていただけかも知れませんが。

その時は恐怖より、
疑問が優先していました。

そして、見つめ合って(?)1~2分もした頃でしょうか?

顔は突然、消えてしまいました。

何だったんだ、あれは?

そう思いながら、
やはり冷静なまま焚き火に視線を戻したわけですが、
先程まで林の中にいたはずの顔が、
今度は焚き火を挟んだ向かいに現れていました。

歳は40位でしょうか?

無表情な顔でした。

焚き火に視線を戻したら、
もうそこに居たわけです。

さすがにそれには驚きました。

しかし、そこでも驚きはしたものの、
やはり口を突いて出た言葉は自分でも思いもしない言葉でした。

「なんだよ、お前」

思わず口走った言葉がこれです。

今から考えると、
何を言ってるんだと思いますが、
その時はそれしか思い浮かびませんでした。

しかし、これが逆に功を奏したのかどうか、
その顔はすぐに消えてしまいました。

きっとその顔は何かを訴えたくて出てきたんでしょうが、
訴える相手を間違ったと思って消えたかも知れません。

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント