【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】S県にある集落

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】S県にある集落

スポンサーリンク


仕事の関係で横浜からS県S市にある社宅に引っ越してきた。

こっちに来て3ヶ月、
ようやく周囲の環境にも慣れ、
休日もまともに取れるようになった。

そんな土曜日の朝、
身体を鍛えるのが趣味な俺は、
ランニングコースにまだ足を踏み入れてない
F山の方へ行ってみようと決め家を出た。

緩やかとはいえ延々と続く昇り道、
思っていたよりキツイ。

それでも殆ど休憩をとらず2時間以上走り続けた。

すると、前方に集落が見えてきた。

小川をはさんで30軒近い家が立ち並んでいる。

自販で飲み物でもと思い、
集落の中に入ろうとしたとき、
妙な悪寒に苛まれた。

土曜日の真昼間なのに人っ子一人見えず、
車も通らない。

無音の状態が続く。

かすかに水の流れる音は聞こえるが…

…今まで喧騒の街に暮らしていたんだ。

田舎なら何も珍しくないだろう。

でも梅雨の合間の晴れ間なのに、
どの家も窓を閉めきっている。

そして、ここは土地が安いのに、
何故こんな辺鄙な場所に住んでいるんだ?
という疑念が沸いてきた。

妙な圧迫感…

それは僅かながら恐怖感に変わっていった。

俺は今きた道をダッシュ気味に走りだした。

月曜日、
地元出身の同僚に馬鹿にされるのを覚悟の上で話した。

だが、意外にも彼は表情を一変、
真剣な顔で話はじめた。

「あそこは行かない方がいいですよ。
うーん、詳しいことは言えないんですけどね…」

上司にも訊いてみた。

「ああ、〇〇か?
あんた霊感でもあるのかい。
あそこは正月でも餅は突かないんだよ。
何故って?餅が真っ赤になるからね」

それだけ話すと、
これ以上は訊くなと言わんばかりに机の書類に目を落とした。

何故、いきなり餅つきの話?

真っ赤??

…あそこで何があったんだ???

後日、同僚の車に同乗していたとき、

「今、通った空き地(集落から3キロ位離れた場所)、
あそこにオートキャンプ場ができるみたいなんですよ。
地元じゃ売買はおろか、足
を踏み入れることさえ嫌がるのに…」

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント