【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】公衆電話が鳴っている

スポンサーリンク


小学生時、
先生が話してくれた不思議な体験。

先生は大学時代、
陸上の長距離選手だった。

東北から上京して下宿生活を送っていたが、
大学のグラウンドと下宿が離れていたため、
町中で自分なりのトレーニングコースを決めて走っていたそうだ。

拍手[0回]

[続きはこちら]

【ほん怖】犬のヌイグルミ

スポンサーリンク


昔、妹が大事にしていた犬のヌイグルミに、

「早く起きて!今すぐ起きて!」

と言われる夢を見た事がある。

それで、夢から覚めてみたら、
目の前に酒臭い息で当時別居中だった父の名前をブツブツ呟きながら
俺の首を絞めてる半裸姿の母親と、
その腕に縋り付いて泣いてる妹がいた。

拍手[2回]

[続きはこちら]

【ほん怖】留守番しながらゲームをしていた

スポンサーリンク


10年ほど前、
小学生だった私は家で一人、
留守番をしていました。

母親に注意もされず伸び伸びとゲームが出来、
ご満悦でした。

ふと、電話がかかってきて出てみると、
籠もった男の声で

『お母さんはあと20分ほどで帰るよ』

とだけ言うと切れてしまいました。

拍手[1回]

[続きはこちら]