【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】鬼

スポンサーリンク


今はもう廃村になってしまった小さな集落の話。

当時はまだ、
火葬は山で野火送りで行われていました。

村で強欲、残虐、非常識で有名だった独り者のばあさんが亡くなった時に、
祖父や村の人らが火葬場で、そのばあさんの死体を燃やしていたそうです。

薪を積み上げ、その上に死体を乗せ、
上にムシロをかけて死体を燃やしていると、
ばあさんの頭の部分のムシロがゆっくりと持ち上がっていく。

拍手[0回]

[続きはこちら]

【ほん怖】女の祠参り

スポンサーリンク


私が小学校の頃、
お盆になると毎年女だけで、
山の祠みたいなとこにお参りに行きました。

真夜中2時頃から登り始めるんですが、
皆裸足で登ります。

アスファルトは途中までで、
石ころが混じった道を懐中電灯を持って歩くのですが、
その女だけっていうのが、月経がある女だけなんです。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】ユウダチ

スポンサーリンク


小学生の時の話。

俺の母方の実家も山の中。

半端じゃなく山だった。

今では婆さまが亡くなって、
爺さまはお袋の姉の家に移っちゃったし、
もう行く事もないと思うけど。

夏休み、親子連れだって田舎に遊びに行った時、
ちょっと怖い体験をした事が何度かある。

拍手[3回]

[続きはこちら]