【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】取り壊し予定の家

スポンサーリンク


○本引越しセンターでバイトしてるんだけど、
取り壊し予定の家から家具を運び出しているときに、
客(家の住人で70代近い爺さん)が

「この壁がなければ家具の出し入れもしやすいでしょう」

と、大工道具を持ってきて
ノコギリやらカナヅチで土壁を壊し始めたんだが、
壊した土壁が崩れ落ちた時、
壁の中に大量の御札が詰まってるのが見えた。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】石の玉の祈祷

スポンサーリンク


祖母とその妹の話。

祖母は病弱で、
親や親戚は嫁に出せないとあきらめてた。

そのためいい縁談は祖母の妹に集まり、
「姉にもお世話して欲しい」との条件で、
大きな家に先に嫁に行った。

その後、祖母も望まれて結婚、子どもも4人産んだ。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】田舎に疎開していました

スポンサーリンク


祖母からずっと前に聞いた話です。

当時、戦火を逃れるため、
祖母はまだよちよち歩きの父と一緒に祖父方の田舎に疎開していました。

父を産んでから体調を壊して具合が悪く、
本来なら畑をしなければいけないところを免除され、
近くの家でお針子の仕事をしていました。

冷え込みがきつい地域なのに、
冬のその晩はなぜか暖かく寝つきが悪かった。

拍手[2回]

[続きはこちら]