【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】土用坊主

スポンサーリンク


子供の頃に住んでた地方に伝わる土用坊主の話。

土用は年4回あって、
この土用の入りから節分(新暦2月の豆撒きが有名だがこれも年4回)までの約18日間は、
草むしりや庭木の植え替えその他、土いじりをすることは忌まれていた。

この風習は中国由来の陰陽五行説からきたようだが、
この期間に禁を破って土いじりをすると、
土用坊主という妖怪というか土精のようなものが出てきて災いを為す、
と言い伝えられてた。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】8月15日にスイカを食べると死ぬ

スポンサーリンク


「8月15日にスイカを食べると死ぬ」

っていう言い伝えがある土地、誰か知らない?

子供の時に祖父から聞いた話なんだけど、
祖父の大学時代の友人がその土地の出身で、
田舎では旧盆には絶対スイカを食べさせてもらえなかったんだって。

でも、彼はスイカが大好き。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】イツザミ

スポンサーリンク


むかし秩父の荒川上流ダム群のあたりに、
イツザミという村八分にされた3戸ほどの集落があった。

その人達の間では、
法律によって禁止される昭和初期まで風葬が行われていた。

遺体を風葬する洞窟には鵺というのが棲みついており、
死体の肉をキレイに食べて骨だけにしている、
と言い伝えがあるそうだ。

拍手[1回]

[続きはこちら]