【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】古い小さな鏡台



小学校の頃、
母の古い小さな鏡台で遊んでたら引き出しから、
銀のマリア像と、聖書の一文らしきものが彫られた
ペンダントトップが出てきた。

家族の誰も知らないもので、
第一うちは仏教だったから不思議だった。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】5歳くらいの時



5歳くらいの時、大蛇を見た。

大人の胴体ほどの太さだった。

目の前をウネウネしてたのに、
そこら辺にいた大人たちは気が付かない様子。

今思えば、私にしか見えていなかったのかも?

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】予知ができた時期があった



過去に一時期だけ、
予知ができた時期があった。

内容は

『アタリ付き自動販売機の当たる時がわかる』

というものだったんだけど、
その情景というか感覚が一瞬にして頭の中を電気の様に通りすぎる。

拍手[1回]

[続きはこちら]