【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】木彫りの仏様

スポンサーリンク


祖母(母方)が倒れたという電話があり、
家族で帰省した時の話です。

祖母は倒れた日の数日後うちに遊びに来る予定でした。
(遠方に住んでいるため滅多に来ません)

その遊びに来ることが決まってから、

『チケットは取れたの?』
『どこそこに行きたい』

など、電話が週に1・2回ペースで掛かってきました。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】音楽室でピアノの練習をしていた

スポンサーリンク


高校の時の音楽の先生から聞いた話。

文化祭の近いある日、
音楽室で一人残ってピアノの練習をしていた所、
入り口付近に人の気配がする。

ピアノを弾いているため、
その先生の位置からは誰が来ているのか分からない。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】祖母の作った日本人形

スポンサーリンク


これは七つ下の弟が
やっとまともな話ができるようになった幼い頃のこと。

当時、母と弟が寝る部屋には、
亡くなった祖母の作った日本人形が男女一体ずつ飾ってありました。

ある日、母、病気で学校を休んでたおれ、弟の三人で
お昼のオカルト番組、『あなたの知らない世界』を見ておりました。

拍手[2回]

[続きはこちら]