【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】最初で最後の魚

スポンサーリンク


海には皆さんも御存知の通り、
妙な生き物が沢山いるみたいですが、
その中の一つにであったという、父の話を一つ…

「ようけ魚見てきたけど、
いろんな海にはもっと凄いのがおるだらぁなあ。
多分まだ100分の1も見てないけん」

と、苦虫を噛み潰したような顔をする父。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】船幽霊

スポンサーリンク


海を職場にしている漁夫や船員たちが、
その長い海上生活の間の奇妙な体験と言えば、
誰もが先ず第一にあげるのに、船幽霊がある。

最近は余り耳にしないが、昭和の初め頃までは、
随分あちこちでこの噂はあったと古老たちは語る。

それは、油を流したようなどんより曇った夜や、
また、天気が時化(しけ)る直前、
生暖かい風がぴたりと止んだ夜更け等に、
よく船幽霊に出会ったという。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】海の魔物

スポンサーリンク


海に囲まれた千葉県は、
昔も今も漁業が盛んな地域である。

海は多くの富を千葉に住む人々に授けてきた。

まさに恵みの海である。

しかし、海は富を授けるものだけではない。

優しいその顔の裏には、
人の命を奪う恐ろしいもうひとつの顔があるのだ。

拍手[1回]

[続きはこちら]