【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】頑丈だった爺さん

スポンサーリンク


5年前に死んだ爺さんの話。

母方の爺さんは山の中に住んでいた。

一応道は通ってたけど、隣の家まで1キロ以上、
電気は通ってるけどガスはなし、
平成の世で竃と薪の風呂。

爺さんは元は東京生まれの結構なボンボン。

けど、戦争で親をなくして親戚を頼って東北の山奥に移り住んだとの事。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】小さな山を持っていた

スポンサーリンク


昔、うちは小さな山を持っていた。

頂上に小さな社が設けてあって、
時々爺さんがお供えや掃除をしていた。

新興住宅地が近いんで、
よく子供が勝手にうちの山に入っていたんだけど、
うちの爺さんが

「遊び場も無いんじゃ子供たちが可哀想だ」

って黙認してた。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】青梅市の御岳山

スポンサーリンク


以前O市の御岳山へ2人で登った。

確か今くらいの新緑の季節だったと思う。

あと少しで見晴台?と頂上方面への分かれ道に差し掛かる一本道で
下山して来る男性と遭遇したんだ。

その男性は傍目にも判るほど真っ青な顔をしていて、
ひどく落ち着かない様子。

拍手[0回]

[続きはこちら]