【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】後ろの車両から

スポンサーリンク


友人と三人で特急列車で旅をしていた時の話。

もう10年ぐらい前なので微妙に忘れている部分もあるがそれは勘弁。

確か四両編成ぐらいの列車だと思うんだが、
座席が向かいに4つあるボックス席みたいなところに三人で座っていたら、
後ろの車両から子どもが前の車両に走って行くんだ。

数分後、また同じ子どもが後ろの車両から走って前の車両に行く。

拍手[2回]

[続きはこちら]

【ほん怖】鏡の中に入った

スポンサーリンク


最初に鏡の中に入った記憶は4、5歳のときだった。

家の中のトイレに続くほっそい昼間でも暗い廊下に、
大人が両手を広げたくらいの幅のめちゃくちゃでかい鏡があったんだ。

体が小さかったから、
鏡には手を伸ばしてやっと届くくらいの距離。

もちろん見上げても自分の姿は映らない。

ある日、トイレに行こうと思ってその鏡の前を通り過ぎたとき、
鏡をふと見上げたら映るはずない自分が映ってた。

拍手[1回]

[続きはこちら]

【ほん怖】背中にカンチョー

スポンサーリンク


祈り屋っていうのかな?

大婆ちゃんがそれだった。

小さい時小児喘息ですごい辛くて、
色んな病院回ってたけどダメで薬飲んで頑張ってた。

で、大婆ちゃんのとこ遊びに行ったら、
悪いもんが憑いとるって言い出して、
急に親族集めてのお払いになった。

拍手[1回]

[続きはこちら]