【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】すれ違った男

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】すれ違った男

スポンサーリンク


ツレの話なんだけど、いいかな。

金のないツレが駐車場代を浮かす為に、
世田谷区の空き地に違法駐車していた。

大晦日午前5時頃から、実家の大阪に車で帰省すべく、
荷物をせっせと運んでいた。

さあこれで三往復目って時に、道の先に若い男を捉えた。

フードをかぶった、
片方の手には白くて丸いもの?を持つ男。

ツレは

「きっとこの近所の人だ……」

と戦慄。

路駐してることがバレて通報されたらどうしよう……と。

若い男とまもなくすれ違うって距離になった時、
互いの目があった。

目が合ったまますれ違った。

ツレは

「俺と同じぐらいの身長だった(180cm)、多分自分より若い」。

元旦、大阪の実家でテレビを見ていると、
気になるニュースが流れた。

世田谷一家殺害事件。

なんとツレが違法駐車していた空き地は、
被害者宅の目と鼻の先。

あの一軒家の前を通過して、対面の空き地へと抜ける。

どうしようか散々迷った。

違法駐車がバレてしまうかもしれない……

でも、お節介気質の方が勝ったのか、警察に連絡。

「不審者ではないかもしれないけど、すれ違った男がいた」

と。

数日後、携帯番号を教えていた警察から電話があり、

『できればもう少し話しをきかせてくれないか?』

とのことだったので、

「多分、来週水曜日には東京に戻ると思う」

と伝え、同時に住所も教えた。

水曜日に戻るはずだったが、
実際は月曜日早朝に帰京。

アパートのドアを開け中に入ると、ドアを叩く音。

出ると警察だった。

「なぜ水曜日ではなく、月曜日に戻ってきたんですか?」

その日から約半年間、警察がツレをマーク。

ツレはそれが原因で鬱病になってしまった。

もちろんツレが犯人ではないんだけど、
ツレが目撃した

「片方の手に白くて丸いものを持っていた」

という証言が、マークされるきっかけとなったようだ。

最初の頃に報道されなかった、
犯人は手を怪我しており、
バスタオルを手に巻いて現場から立ち去った……という情報。

マークされていた人物はツレ曰く、

「少なくとも最低5人はいたと思う」

とのこと。

すれ違った男はこの中にいるか?などの面通しもあったそうだ。

拍手[4回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント