【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】匂いに敏感すぎる

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】匂いに敏感すぎる

スポンサーリンク


私は匂いに敏感すぎる人間で、
ただ単に異臭云々ではなく病気にかかった人の匂いがわかる。

小さいとこではかぜ・水虫など、
大きいものだと鬱・ガン・初期糖尿病・大腸炎・血栓・心筋梗塞寸前・脳梗塞直後の人なんかを判別したことがある。
(大勢と接する仕事です)

そこに臭気があるというより、
雰囲気が匂いの感覚として伝わると言ったほうがいいかもしれない。

自分が言うのを躊躇ったために亡くなってしまった人(知らない方)がいて以来、
自分がちょっと変わった人だと思われても言うようにしている。

あと病気ではないが、
嘘つきや流産・過去に中絶した人の匂いもわかる。

5年前に義弟嫁になったAは近所に住んでてとても仲がよく、
子どもたちも仲良しで楽しくすごしてた。

そんなAから一昨年くらいから急にガンの匂いがし始めた。

でもA自身からでているわけではなく、
義弟以外の誰かの匂いだった。

義弟嫁は仕事をしてなくて外にでることもないから、
私の匂いに敏感な時期も子どもを産んでからまちまちだったので、
大丈夫だろうと気にとめないでいた。

それからしばらくして私の子どもが

「A子ちゃん臭い!!臭い!!臭い!!」

と叫ぶようになった。

私子があまりに言うものだからA子は泣き出して、
Aもかなり怒ってしまい、
私たちとは遊ばなくなってしまった。

私は自分が感じていた匂いがA子からではないかと思って、
旦那経由で義弟にA子はガンじゃないかと話してもらったら、
義弟も激怒。

もともと私の話に眉唾だったウトメ(※義理の両親)からも叱られて、
義弟家は引っ越して隣市に行き、
番号も変えられ完全に絶縁されてしまった。

結論からいうと、
A子は小児ガンになって亡くなってしまった。

旦那だけが告別式に呼ばれたけど、
Aがみるに耐えられないくらいやつれていたらしい。

私のことを恨んでいるのが旦那の匂いから伝わった。

なんとなく私子は空気を察してしまって、
夜泣きとおねしょが止まらなくなった。

今はあなたは悪くないと言い聞かせるしかないけど、
亡くなったA子も私子も気の毒で後悔しかない。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント