【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】友達の様子がおかしくなってきた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】友達の様子がおかしくなってきた

スポンサーリンク


小5の時の話なんだけど、
クラスでとても仲良くしているA子という女の子がいた。(自分も女)

A子はとても明るく、
アニメや漫画が好きで、
歌のうまい子だった。

私は引っ込み思案でおとなしかったから、
全然違うタイプだったけど、
何故だかとても気が合う子だった。

A子は健康で学校を休んだことが無く、
いつでも明るくて、「幽白の幽助が大好き!」とかヲタな話をよくしていた。

授業中でもハキハキと発言をして、
時にはぼけて周りを笑わせたりする子だった。

私が通っていた小学校は5年6年が同じクラスだったので、
A子と卒業するまで一緒にいられる!と思うととても嬉しかった。

でも、10月に入ったあたりから、
A子は雰囲気?が少しずつ変わり、
だんだんとおとなしくなっていった。

休み時間もボーッとしていることが多く、
周りの友達も「最近元気無いね」と少し心配していた。

突然挙動不審になったりKYな発言をしたり、
たまに様子がおかしいと思うこともあった。

私は、自分はA子の親友だと自負していたので、
放課後A子を呼び止めて、思い切って最近どうかしたのかと聞いてみた。

A子は少し困ったような複雑な顔をして俯いて、

「あのね、私ちゃんにしか言わないよ…」

と小声で言った。

私はとても狼狽えたが、
顔には出さないようにして

「誰にも言わないよ!」

となるべくハッキリと言った。

とにかく学校をでて、
近くの公園に行く事にした。

公園は小さな子が何人か遊んでいたけど、静かだった。

ベンチに座ってしばらくすると、
A子がポツリポツリと話し始めた。

A子の話は、当時の私が理解の出来るような簡単な話では無かった。

要約すると、
A子は10月をずっと繰り返していて、
今は5回目の10月である。

31日が終わると、
朝起きたら1日に戻っている。

抜け出す方法をずっと考えて色々試してはいるが、
何も変わらない。

少しだけなら起こることを変えられるが、
大きくは変えられない。
…ということだった。

私は驚き過ぎて、
しばらく何も言えなかった。

でも、不思議とA子が嘘をついているとはまったく思わなかった。

私が黙っているとA子が、

「この10月を繰り返す生活から抜け出す協力をして欲しい」

と言ったので、
少し怖かったが、

「私に出来ることは何でもするよ」

と言った。

それを聞きA子は、

「信じてくれてありがとう」

と言いながら便箋に真剣に何かを書き、

「明日の朝、教室に来たら読んで!」

と私に渡した。

そこで別れ、渡された手紙を読みたい気持ちをなんとか抑え、
翌日、ドキドキしなかわら学校へ行った。

教室についてから、
弟の靴下を間違って履いてきた事に気付き、
ビックリして思わず靴下を脱いだ。

そしてすぐ思い直して手紙開くと、そこには、

『今日の私ちゃんの服装は、白いブラウス、
私ちゃんのお気に入りの猫のマークのカーディガン、
黒いキュロット、アリのくつした。
このくつしたは弟君のを間違って履いてきて、
それに気付いた私ちゃんは、ビックリして脱いじゃうんだよ!
わたし笑っちゃった!
信じてくれてありがとう!私ちゃん大好き!ずっと仲良くしようね!
幽白の続きずっと読めないなんて嫌だし、抜け出したい。頑張るよ!』

と書いてあった。

服装も靴下も完全に当たっていて私は本当にビックリして、
教室を見回してA子を探したけどまだ来ていなかった。

朝の会が始まってもA子は来なかった。

それどころか、
私はそれからA子と会う事は無かった。

誰もA子を知らなかった。

どの写真にもうつっていなかった。

当時まだあまり流行っていない頃のプリクラも
一緒に何回も撮ったのに見つからなかった。

大人になってからもたまにA子を思い出し、
微妙な終わり方をした幽白の完全版を買った。

いつかA子にまた会えるんじゃないかと思っているけど、
まだ会えていない。

A子って、本当にいたのかな?

私の夢?妄想?とたまに考えるけど、そんな事は無いはず。

A子はどこに行ってしまったんだろう。

繰り返される小5の10月からは抜け出せたのか。

拍手[1回]