【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】放課後のプール

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】放課後のプール

スポンサーリンク


小学校の頃の話。

俺はクラブ活動である理科クラブを終え、友人達と一緒に帰ろうと、
体育館にいる卓球クラブの友人の元へ行った。

俺達はいつも4人で帰っており、うち3人が理科クラブ1人が卓球クラブだった。

体育館に行くと卓球クラブは片付けをしていて、友人も片付けの手伝いをしていた。

「もうちょっと時間がかかるから待ってて」と言われたので待っていることにした。

俺達は暇なので、体育館の上(2階?)にコッソリ上って遊んでいた。

ふと隣接しているプールを見ると、誰かが泳いでいるのが見えた。

多分、身長から考えて高学年の女子かと思う人が頑張って泳いでいて、
手を振ってみたら気づいたらしく、こっちに返してくれた。

そして、また頑張って泳ぎ始めた。

その後、友人の片づけが終わり、体育館を閉め帰ることになった。

また別の日もそのまた別の日も、この前と同じように彼女は泳いでいた。

小学校最後の1学期も終わりに近づき、夏休みに入ろうとしていた時だった。

卒業アルバム用に、クラブ活動の写真を各クラブが撮っていた。

俺の理科クラブが最後に写真を撮ったらしく、
できあがっている他のクラブの写真を見せてもらっていた。

「お、○○じゃん」とか、「こんな部もあったな」とみんなで見ていた。

そこには水泳クラブなど無かった。

そして、俺はその時に気が付いた。

卓球クラブが終わると、カギを持っている卓球クラブの生徒により体育館は閉められる。

プールの出入り口は体育館にしか無く、更衣室も体育館内にあるのだった。

そのことに気付いたが恐怖心は無く、むしろ好奇心の方が強かった。

下校時刻の6時前くらいに、体育館でプールを見てみようと思った。

そこに答えがあるはずだと、子供なりの探求心とかあったんだと思う。

例のごとく彼女は泳いでいた。

そして、6時の下校時刻になってもずっと泳いでいた。

俺が「閉めるよ」と、卓球クラブのヤツからカギを預かってるため、
閉められないが、そろそろ閉めなければ俺が怒られると思い、迷った末に帰る事にした。

最後に霊と思わしき彼女を見ようとプールに視線を送ると、彼女は背中を向けて浮いていた。

やばい!溺れたのか!?と思い、慌ててプールへの出入り口を開けた。

霊とか人間とか関係無く、溺れてるのを見てほっとけなかったのか、俺は必死だった。

プールを見ると、彼女は変わらず現実味の無い光景を見せ付けていた。

どうにかしないとと思って、火災報知機のボタンを押した。

その間に彼女の体はどんどん沈んでいく。

職員室から先生が駆けつけて来て、俺は「プールで誰かが溺れている」と言った。

すると「プールなんて使われてないんだ、誰かが泳いでるはずないだろ」と、当たり前の事を言われた。

念のためプールを棒などで探ってもらったりしたが、何も見つからなかった。

もし俺が先生に頼らず、沈んでいった彼女を必死で助けたらどうなっていたのか。

彼女を助けられたのか、それともどこかに引きずられたのか・・・。

そんな不思議な夏の出来事。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】古い手裏剣
【ほん怖】深夜の駅前広場
【ほん怖】恐怖スポット巡り
【ほん怖】ノイローゼの原因
【ほん怖】母のメモ

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント