【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】日本語じゃない言葉

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】日本語じゃない言葉

スポンサーリンク


母から聞いた話思い出した

母が高校生の頃に
こっくりさんやらエンジェルさんの類がブームだったらしく、
母も嫌々ながら友達に参加させられたらしい。

教室の窓やドアを締め切り、
一つの窓だけほんの少し開け(霊が入ってくるように)、
50音順に文字書いて10円玉をセット。

4人でその10円玉に人差し指を置いて、
質問を何個かしたら動いてワーキャー騒いでたそうな(誰か動かした?!的な)。

質問を一通り終えて

「おかえり下さい」

と言うと、
10円玉が全く動かない。

母が試しに自分で動かそうとしても、
10円玉が固まったみたいにその場所から動かない。

次の瞬間、
隣に座ってた子が
日本語じゃない言葉みたいなのをガーッて話し始めて、
一息ついたら椅子から立ち上がり倒れたそうな。

そしたら10円玉は軽くなり
普通に動いた。

倒れた友達のことでこっくりさんどころではなくなり、
文字を書いた紙は即ゴミ箱へ(10円玉はどうしたかは忘れたらしい)。

友達は数分したら起き上がり
「どうしたの?何かあった?」状態。

事情を説明したら顔真っ青になり、
皆すぐさま帰宅。

次の日からその倒れた友達は、
アラビア語?ぽい文字が書けて
意味が分かるようになったと話してきたらしい。
(母がその子が言ったアラビア語と日本語訳を辞書で調べてみると全部正解だったと)

母は嘘が大嫌いな人間だから、
本当だと思う。

にしてもアラビア語って…。

日本にいるのか、アラビア人の幽霊w

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント