【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】母は葬儀社に勤めてた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】母は葬儀社に勤めてた

スポンサーリンク


いわゆる視える人だった母は生前、
葬儀社に勤めてた。

入り口あたりに放心状態で立ってる人がいて、
見ると搬送されたご遺体の方だった、
とかよくあったみたい。

自分の葬儀を悲しそうに見る人、
自分の遺体に戻ろうとしてる人、
遺族に必死に話し掛ける人、パニック状態の人、
お焼香した人に丁寧に礼をする人など様々だって。

笑顔で手を振るかたも意外に多かったらしいから、
それを聞いて少し安心した。

ちなみに母の葬儀では、生前に

「葬儀では笑顔でさよならする!
できるならその時は何か落として知らせるから!」

と宣言していた通り、
カゴから果物が落ちた。

しかもその話を知っている親戚の時だけ、1つずつ。

完全に母がそこにいるんだなとみんなが悟り、
私達も泣かずに見送ることにした。

とはいえ、
さすがに火葬場で棺の窓を完全に閉めた時には
泣いてしまったけどね…

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント