【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】深夜のコンビニ客

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】深夜のコンビニ客

スポンサーリンク


どっかで読んだか聞いた話で、確かこんな感じの話。

俺、夜のコンビニでバイトしてた時に結構いろんなことあったけど、
やっぱ『貞子』が一番印象に残ってるなぁ・・・。

貞子って言っても『リング』のじゃ無くて、
コンビニに来た女の客の『あだな』なんだけどさ、俺たちが勝手に付けたんだけどね。

その貞子なんだけど、毎晩23時過ぎにきて何一つ買い物もしないで、1時頃帰っていくんだ。

決まっているのは23時半、24時にわざわざカウンターまで時間を聞きにくること。ただそれだけ。

それ以外にはずーーーっと俯いてブツブツ言いながら店の中をグルグル歩き回ってるの。

それだけでも結構気持ち悪いっしょ?

んで、その貞子が問題を起こしたんだ。

その日初めて時間を聞く以外に言葉を喋った。「トイレを貸してくれませんか?」って。

気持ちは悪いけど、今まで特に問題を起こしたこと無かったから「どうぞ」って貸したんだ。

その後仕事が忙しくなって、貞子のこと忘れてたんだけど、
他の客から「あの、トイレで変な音してますよ」って言われて、
あっ貞子がまだ入ってるのかと思いながら、「すみません、すぐ確認します」と言ってトイレへ向かった。

トイレの前に立つと、中からカン ゴン ドンっと変な音がしている。

「大丈夫ですか?」と声を掛けても返事が無い。うめき声らしきものも聞こえる。

こりゃヤバイかもっ・・・て「いいですか?開けますよ!?」と言って、
ちょっと待っても返事が無いので、カギを使ってドアを開けた。

中を覗いて腰が引けた。

貞子が言葉にならない声を上げながら、自分で壁に頭を打ち付けてたんだ。

もう顔は血だらけ。壁とかいろんなとこにも血がついてんの。

よく見ると白目剥いて、よだれ垂らして、服もはだけちゃってた。

もう一人バイトを呼んで引きずり出して、「大丈夫ですか?」って声を掛けながらしばらく経つと、
何事も無かったかのように貞子は帰っていった。

店長に翌朝経緯を話すと、もし貞子がまた来たらシャッターを下ろせってことになった。

「もう閉店ですからって言ってシャッターを下ろせ」と。売上が落ちても問題が起きるよりは良いと。

翌日も貞子は来た。怪我してんのに来た。

他の客に謝りながら一度店を出てもらい、
貞子に「すみません、もう閉店なので・・・すみません」って言いながらシャッターを下ろすと、
意外にもすんなり帰って行った。

一週間くらい続けたら貞子は来なくなったよ。

結局あれはなんだったんだろうなぁ。

また別のコンビニで同じ事してんのかなぁ・・・。って話してくれた。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】誰もいないはずの教室
【ほん怖】体調の悪い店長
【ほん怖】田舎の空き地
【ほん怖】海での夜釣り
【ほん怖】違和感のある部屋

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント