【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】白石川での渓流釣り

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】白石川での渓流釣り

スポンサーリンク


去年の話なんですが・・・

梅雨の終わり頃、白石川に渓流釣りに行った時の事。

4時位に現地に到着し準備を終え、さぁ川に入ろうとした時に、川の方から子供の声が聞こえるんです。

薄明るくなりつつあるとはいえ、午前4時に子供が川遊び?と思い、堰の上から覗いてみると、
海パン姿で子供が1人泳いでいました。

年頃は小学校の低学年位なんですが、なんでこんな時間に??と不思議に思い、暫く見ていました。

2~3分位した頃だと思うんですが、その子が急に泳ぎを止め、すくっと立ったと思ったらこっちを見たんです。

いや、見たと言うより『向いた』と言った方が良いかもしれません。

なぜかと言うと、その子の顔から胸にかけてざっくりとえぐりとられていて、
目、口、鼻、という顔のパーツが無かったんです。

うわっ!やばい!と思い車にひき返し、すぐさまその場を立ち去ったんですが、
橋を渡るときに、恐いもの見たさであの場所を見たんです。

体育座りして淋しそうにしている男の子が・・・。

なんかね、凄く可哀想になったんですよ。

ず~っと1人で泳いでいるのかなぁってね。

私はたまにこういう体験をするんですが、何時もは恐いばかりで嫌なんですが、
この時は自分の子供と年恰好が同じ位だったせいか、
涙が出そうな程悲しい気持ちになった事をい思い出します。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】体調の悪い店長
【ほん怖】田舎の空き地
【ほん怖】海での夜釣り
【ほん怖】違和感のある部屋
【ほん怖】告別式の帰り

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント