【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】自動販売機

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】自動販売機

スポンサーリンク


もうだいぶ前の話。

ある夏の深夜、友人と二人でドライブした。

いつもの海沿いの国道を流していると、新しくできたバイパスを発見。

それは山道で、新しくできる造成地へと続くらしかった。

ちょっと行ってみるかということになり、三十分ほど運転したが、どうやら迷ったらしい。

引き返そうにも、途中から林道に入り込んでしまい、どこで分岐したのか分からない。

また深夜ということもあり、周囲は真っ暗。

それでも何とか舗装道路に出ることができた。

幸い照明灯もあり、ちょっとカーブになった場所で車を止めて、地図を見ることにした。

友人が地図を見ている間、俺は缶コーヒーを買おうと思った。

後から考えると、非常に不思議なことだった。

つまり、車も通らない、人家もないような場所に、その自動販売機はポツンとあった。

道路灯があるくらいだから、電気は来ているのだろう。

その時はそれくらいしか考えなかった。

自動販売機は使用されているものだったが、ほとんどが売り切れだった。

コーヒーのボタンを押すと、赤いランプが点灯する。

喉が渇いていたので、とにかく販売中のボタンを押していった。

押すたんびに売り切れ表示。

その間、二,三分くらいだったろうか。

最後のボタンを押して、車にいる友人に声をかけた。

二十メートル程の距離があった。姿が見えなかった。

急いで車に戻ると、車内はもぬけの殻だった。

あたりを見回して、大声で叫ぶが、自分の声だけが響き渡った。

見当もつかず、車で待つことにした。

不安だったのでカーラジオをつけたが、電波状態が悪く受信しない。

カーステレオのカセットはスイッチがはいらない。

そのうちラジオのノイズが急に大きくなった。

あっというまに耳が痛くなり、手でふさいでも音が頭に響いてくる。

もう限界だ。脳がノイズをシャットダウンするかのように俺は気を失った。

明け方、友人の声で目がさめた。

俺も何が起こったのか分からなかったが、友人もかなり混乱していた。

少し落ち着いて、お互いに何が起こったか話した。

友人は、俺が自動販売機の前で苛つくのを見ていたそうだ。

そして、俺がどうやら最後のボタンを押したとき、信じられない光景を目撃したらしい。

俺の姿がパっと消えたそうだ。

驚いて車から出ようとしたらドアロックがかかり、やがてラジオが鳴り出した。

あの耳をつんざくような不快な音にやられ、あっという間に失神したらしい。

「それより、ここどこだよ」

俺たちは山の中の空き地らしき場所にいた。

もう道路はなかった。

幅一車線もない獣道をたどって、ようやく車道に出た。

二人ともほとんどしゃべらなかった。

「どうやら、俺ら五十キロも離れた場所にいるみたいだな」

友人は道路標識を見ながらそういった。

「この峠、何か心霊スポットらしいな。タクシーの運転手から聞いたことある」

俺は呆然と言った。

後日談はないです。

ただ、友人はいまだにあの自動販売機を探してます。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】埋め立てられた井戸
【ほん怖】クリスマス特別企画
【ほん怖】大学生のとき住んでいた部屋
【ほん怖】白い服を着た年下の女の子
【ほん怖】彼女の実家

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント