【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】葬式が終わってひと段落ついたとき

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】葬式が終わってひと段落ついたとき

スポンサーリンク


じいちゃんの葬式が終わってひと段落ついて、
俺の家(本家)に親戚一同が集まって飲み食いしてたとき、
甥っ子が

「仏壇のそばにおじいさんが立ってるよ」

って言い出した。

親戚みんなで、

「それはきっとおじいちゃんだね」

「おじいちゃんも賑やかな席でみんなが楽しそうにしてて嬉しいんだね」

とか言ってた。

俺は酔いがまわって一足先に二階の寝室へ退散して、
横になって寝入りばな、頭をガツン!と殴られたような衝撃があって、
耳元で明らかにじいちゃんの声で

『あれはわしじゃない!孫に気を付けろ!』

って怒鳴られた。

飛び起きて一階に戻ると、
大騒ぎになっていた。

甥っ子(死んだ爺ちゃんの孫)がひきつけをおこして痙攣していた。

自分は当時(わけあって今はしがないサラリーマン・・・)医者のはしくれだったので、
とりあえずの処置を行ったため、幸い大事には至らなかったので良かった。

オチも何もなくて恐縮だけど、実話です。

拍手[4回]