【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】訳が解らない

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】訳が解らない

スポンサーリンク


高校生の時、帰宅して茶の間でくつろいでいたら、
冷蔵庫の前に子供が立っていた。

いつの間に?どう見ても生身の子供。

「誰だお前?」

「…」

何も言わず、冷蔵庫を開けて竹輪を食べだした。

口いっぱいに詰め込んで逃げて行った。

その子供は、一週間位前に引越してきたらしい。

で、レストランや他人の家に勝手に上がり、冷蔵庫を荒らしていく。

母親はガリガリに痩せて鬼ババルックス。

その子供は失語症なのか、母親の前でしか口を開かない。

ある日、チャイムが鳴って行ってみたら母親が立ってた。

謝りに来たのかと思ったら、驚愕の一言が…

母親「どうして金銭の移動してくれないのですか?」

俺「?なんの話?何か親が借金でも?」

母親「運命落ちますよ!とにかく移動してください」

そう言ってキレて帰って行った。

お袋に電話で確認したら知らないと言う。

訳が解らなくなり、とりあえず通報した。

一ヶ月位でまた引越して行った。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】優しい祖母
【ほん怖】占いができる友人
【ほん怖】立ち入り禁止の林道
【ほん怖】形の無い幽霊
【ほん怖】人通りの少ない夜道

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント