【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】えいやこらさ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】えいやこらさ

スポンサーリンク


子どものころ祖母から聞いた話。

ある日バスに乗っていたら、運転手が

「えいやこらさ、えいやこらさ」

と、かけ声みたいに歌い出した。

小声だったので乗客は誰も気にとめず、
祖母も『景気付けに鼻歌でも歌ってるんだな』ぐらいに思ったそう。

ところが、運転手の「えいやこらさ」がだんだん大きくなっていく。

乗客もみんな気付いて、祖母も何か変だなと思い始めたらしい。

そしたら次の瞬間、運転手は降りる人がいるのに無視して、
「えいやこらさ、えいやこらさ」と大声で歌いながら、
バス停の前を素通りしそのまま走り続けた。

流石にみんなびっくりして、一瞬シーンとなったあと、
車内は騒然となったんだけど、バスはすごい速さで走ったまま。

運転手はその間もずっと、「えいやこらさ、えいやこらさ」。

最後は、男の乗客が運転手の脚を無理やり押さえてブレーキを踏ませ、
なんとかバスは停車した。

幸い事故にはならなかったらしい。

祖母が言うには、「運転手さんは気が狂ってたんだろう」って。

この話を聞いて以来、
バス運転手の目つきがおかしかったり、
運転手が急に歌い始めたりすると、ちょっと不安になります。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】初恋の相手
【ほん怖】小柄で痩せていた同級生
【ほん怖】佐々間のおばちゃん
【ほん怖】因縁のある山
【ほん怖】卒業アルバムのクラス写真

拍手[5回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント