【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】おれがあいつであいつがおれで

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】おれがあいつであいつがおれで

スポンサーリンク


俺がまだ小さい頃、近所によく遊ぶ女の子が居たのよ。

その子はちょっと不良っぽくて、実際口も悪いし、
すぐ「あぁん?」みたいに言う様な子だったんだけれど、
何だかんだで面倒見が良い感じで、
(最初は文句言うけれど、落とした物を一生懸命探してくれたり)
他の子ともまぁまぁ仲良くやっていたの。

で、いつだったかあやふやだけど、
その子だけが俺の家に遊びに来た事があったんだよね。

今から考えてみると、ちょっと無口で不機嫌そうだったけれど、
俺としては家に友達、しかも女の子という事もあって、
さして気に留めずに家に招きいれたんだよ。

で、漫画読んだりテレビ見ながらゴロゴロしてたら、
(ゲームは出来ん、兄の持ち物だから)
NHKで『俺はあいつであいつは俺で』ってのやり始めたんだよ。

二人の男女が頭を打ち付けたら、
心が入れ替わってどうのこうのって奴。

しばらくそのドラマ見てたんだけれど、
その子が急にこっち向いて頭をゴンッて俺にぶつけたんだよ。

で、

「入れ替わらんかw」

みたいに言って笑ったの。

俺は普段あまり見ないその子の笑い顔が何かおかしくて、
ゲタゲタ笑ってたんだ。

何年かして、その子も家族ごと引っ越していなくなって、
また数年位かな?親と俺の子供の頃の話してたら
その子の話題になってさ、親が言うんだよ。

「あの子の家はちょっとねぇ…」

って。

父親が傷害で刑務所行きで、
母親は子供をうざがって意気地放棄状態。

妹が居て、幼稚園の送り迎えとかもその子が自分でやってて、
でも家に入ると途端にギャーギャー聞こえてくるとか。

あの子、どんな気持ちで俺に頭突きしたんだろうな。

子供の時分とはいえゾッとするし、それ以上にやりきれん。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
無題

『おれがあいつであいつがおれで』
山中恒さんの書いた有名な文学作品ですね。