【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】お化け屋敷

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】お化け屋敷

スポンサーリンク


小6の夏休みに、
同い年の従姉妹の家に遊びに行ったときの話。

その従姉妹の家からチャリで20分位のとこに遊園地があってさ、
叔父さんに連れてけってせがんだら、
もう小6だし安心だろってことで、
お金くれて子供二人だけでその遊園地行かせてくれたんだ。

ジェットコースターとか、
宇宙船みたいのがぐるぐる回るのとか一通り遊んだあと、
従姉妹が「お化け屋敷入りたい」って言うんだよ。

ガキの頃から怖いのが苦手で、
正直乗り気じゃなかったんだけど、
怖がってるとか彼女に思われるのが嫌で、
意を決して中に入ったんだ。

でさ、こういう遊園地のお化け屋敷って、
バイトの人がお化けの格好して客を驚かすじゃない?

そこもそうだったんだけど、
井戸からお岩さんが出てくるのとか、
白いシーツ?みたいの被った奴とかしかいなくてさ、
なんだたいしたことねーなーwとか思って内心ほっとしてたところで、

「痛いよう 痛いよう」

って呻き声が聞こえてきたんだ。

「痛いよう」

って声は聞こえるんだけど、
さっきまで結構でてきたお化けが全然出てこなくなって、
彼女と「なんか変だね」って言ってたら、急に一人出てきたんだ。

そいつ今までのと雰囲気が違って、
病院の患者着を着てて頭は白髪、
手には血のついた包丁持ってて、
なんかブツブツ言ってるんだけどよく聞き取れない。

で、なに言ってるのかよく耳をすませてみると、

「殺す・・・殺す・・」

って言ってるんだよ。

俺は嫌な予感がして、
従姉妹の手を握ってそいつからなるべく距離を取るようにして、
出口にむかって走った。

出口まで結構距離はあったんだけど、
そこからお化けは一人もでなかった。

外に出てみると、
お化け屋敷に入る時は閑散としていたのに
全然様子が違うんだ。

建物を取り巻くようにして大勢の人がこっち見ててさ、

警察がいて、野次馬に建物から離れるよう指示だしてた。

何があったのか警察の人に尋ねたら、
近所の精神病院から脱走した患者が
ここのお化け屋敷の建物に逃げ込んで、
中にいた遊園地の職員が刺されたんだって。

逃げた患者っていうのは中で会ったやつで、
「痛いよう」って声は刺された職員のだった。

結局犯人は捕まったんだけど、
刺された人はそのまま出血多量で死んじゃったらしい。

あのとき聴いた「痛いよう」って呻き声は今でも耳から離れない。

拍手[1回]