【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】アキちゃん

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】アキちゃん

スポンサーリンク


小さい頃、
私は積み木やブロックを与えれば
何時間でも一人で遊んでる子でした。

母によると、
笑い声や話し声から私は誰かと一緒に遊んでいる様子だったらしいです。

子供特有の見えない友達と思いつつ、

「誰と遊んでるの?」

と聞いてみたとか。

私は

「アキちゃん」

と答えたみたいです。

アキちゃんは男の子で、
小学生くらの大きさだと私から聞いたとか。

母は

「何でアキちゃんは○○と遊んでくれるの?」

とも私に聞いたらしいです。

それには

「○○が小さくて心配だから、ちゃんと大きくなるように見てるって!」

と答えたようです。

よく考えると、
小学校に入る前までアキちゃんに面倒を見てもらってた気がします。

幼稚園で遊具から落ちた時に、
抱き留めて貰って無傷だったり、
田舎で迷子になりかけた時に、
家族の所まで連れて行ってもらったり。

小学校に上がってからは
アキちゃんは現れていないと思います。

母がアキちゃんの話をして思い出したくらいです。

まあ、そんなこんなで何とか社会人に。

昔から方向音痴なので、
出張先から帰る時に駅の場所が分からず迷子になりました。

仕方がないので、
近くにいた小学生くらいの男の子に道を聞くことに。

男の子は

「…あっち。もう大きんだから、ちゃんとしてよ」

と盛大に呆れていました。

私は苦笑いでお礼を言うのが精一杯でしたが、
後から、あの子がアキちゃんだった気がしてなりません。

そこはオフィス街で、
子供がいるのは不自然な場所でしたし。

私に先に亡くなった兄などは居ないと聞いてますし、
アキちゃんは何者なのか謎のままです。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード