【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】ハニーピーナッツとウイスキー

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】ハニーピーナッツとウイスキー

スポンサーリンク


私の体験した話です。

大学生頃、一人で泊りがけの登山にでかけました。

あまり行った事の無い山だったので、
地図を見ながら縦走していました。

初夏の日も傾き、
そろそろキャンプ地を探そうと思っていた時、
水の流れる音が聞こえたので音のする方向に行ってみると、
小さな沢がありました。

その横にはちょっとした平地もあり、
キャンプするには良いと思い、
そこにテントを張り夕食を摂ると、
少し肌寒くなったのでテントの側で焚き火をしながら、
持ってきたハニーピーナッツを肴にウイスキーを飲んでいました。

ほろ酔い気分になり、気分も良かったので

「ああ、うまいな~」

といいながら飲んでいると、

「そんなに美味いのか?」

と、どこからか声がしました。

「ええ、うまいですよ」

と答えたのですが、

「ん?」

と思い、

「誰かいるんですか?」

と言ってみましたが、
返事は無く、その辺りを見回しても誰もいる気配はしません。

「飲みすぎたんだろうか?」

と思い、後片付けをすると、
テントに戻り寝ました。

飲んだのもあってか、
寝袋に入ると直ぐに寝入ってしまいました。

しばらくしてから、
ふと目が覚めました。

時計を見ようと腕を動かしましたが、
動きません。

金縛りにあったのか?と思い、
体中を動かそうとしましたが、
動くのは視線だけで、
その他は全く動きません。

何かがテントの中にいるんだろうか?

そう思い目線を動かしていると、
隅に置いたザックが目に入りました。

そのザックの前に誰かがいて、
中を漁っているようです。

その誰かは、
目当ての物が見つかったのか
テントの入り口とは反対の場所から出て行き、
何かを飲むような音を立てて、

「ふーっ」

と溜息をついていました。

あ、酒取られたなあと思っていると、
いつの間にか寝てしまいました。

翌朝、起きてからザックを確認すると、
ウイスキーが瓶ごとありません。

ハニーピーナツもなくなっています。

「やられたか」

と思い、テントから出ると、
入り口とは反対側に空瓶とピーナツの空き缶が落ちていました。

そこの砂地には下手な字で
『確かにうまかった』と書いてありました。

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント