【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】パジャマを着た子供

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】パジャマを着た子供

スポンサーリンク


去年の暮れのことだ。

池袋のとあるレストランで、会社の忘年会があった。

二次会は部署内で、三次会は仲間内での飲み会になった。

家路につこうとする頃には終電も過ぎ、タクシーを使うことにした。

タクシー乗り場は例年のように長蛇の列。

私は連れと三人だったが、一人だけ帰路が違った。

彼らは乗合で乗車し、先に帰っていった。

一時間も待ち、なかなかタクシーが来ない。

私は痺れを切らして、目白の方へ一人歩き出した。

線路に沿って歩いていたつもりが、細い路地に入り込んでしまった。

雑司が谷らしい。

塀に沿って進むうち、その向こうは墓所であることが分かった。

ちょっと気味悪いなと感じながら足早に歩くと、突然私の脇を子供が通り過ぎた。

黄色いパジャマを着ていた。

この寒空に、などと感じる暇はなかった。

その子供は、塀の中に吸い込まれるよう消えたのだ。

私は声こそ出さなかったが、恐怖のあまり駆け出していた。

ようやく広い通りに出て、運良くタクシーを拾うことができた。

運転手にちょっと話を振ると、年末は忙しくて幽霊なんか見る暇も無いとのこと。

私も笑い話につられて、さっきは目の錯覚だったかもと思い始めた。

家に着く頃には、半信半疑、まあそんなこともあるか、くらいの余裕だった。

そしてタクシーから降りることになって、運転手から声をかけられた。

「お客さん、忘れ物」

振り返ると、ポケモンか何かのカードだった。

私が座っていた場所にあった。

「違う、これは私のものじゃない」と言うと、運転手が不思議そうに言った。

お客さんを乗せる前には何も無かったと。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】前の住民が残したモノ
【ほん怖】電話の音
【ほん怖】友人だった男との再会
【ほん怖】死者からのメール
【ほん怖】恋愛相談

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント