【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】電話の音

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】電話の音

スポンサーリンク


1998年、草野正人さん(仮名・35歳)は転職し、
会社の与えてくれたマンションに一家3人で越してきた。

かなり年数の経った建物だったが、3人が満ち足りて暮らすには十分なものだった。

このマンションの異変に始めに気付いたのは、妻の晴枝さん(仮名・33歳)だった。

毎日午後2時になると、隣の部屋の電話が鳴るのだという。

晴枝さんは次第に気味悪く感じるようになり、草野さんの会社に電話をかけてきた。

『隣の部屋、空き室なんですって。何か変よ』

草野さんの妻が何度も会社に電話をしてくるので、
同僚の大竹春夫さん(仮名・35歳)はどうしたのか聞いた。

「隣の部屋から毎日同じ時間に電話の音が聞こえてくるんで、
妻が気味悪がっているんですよ」と答えると、
大竹さんは『またか』というような、半ば諦めたような顔をした。

草野さんと晴枝さんは鳴り止まない電話に悩み、大竹さんに部屋に来てもらった。

壁に耳をつけた大竹さんは、「この音、隣じゃなくて壁の中からしてるぞ」と言った。

そこで草野さんは、同僚の協力で壁の中を調べることにした。

そこには大竹さん、吉野公広さん(仮名・35歳)、古屋一昌さん(仮名・35歳)、
林田直子さん(仮名・24歳)が来ていた。

男性達が壁を壊し始めると、吉野さんが「誰かがここを壊した跡がある」と言った。

さらに壊していくと、ぽっかりとあいた空間に毛布と電話があった。

古屋さんが毛布を取り出し、林田さんが広げてみると、
中には血だらけの山吹色のワンピースがくるまれていた。

その時、時計は午後2時を指し、その電話が鳴った。

草野さんは恐る恐る受話器を取った。

すると、そこからは女性の声が聞こえてきた。

『出たのね、許さない、絶対に。なんで1人にしてくれないの・・・』

あまりの不気味な声に、草野さんは受話器を投げた。

よくみると、その電話は線が引きちぎられていてつながっていなかった。

これをきっかけに草野さんは退職、一家は栃木へ転居した。

2ヶ月後、草野さんに1本の電話が入った。

林田さんが急死したという。

さらに、吉野さんと古屋さんも失踪していた。

草野さんは大竹さんと共に、林田さんの告別式に参列した。

そこで二人は、反対側の道で静かにこちらを眺める若い女性に気付く。

なんとその女性は、あの山吹色のワンピースを着ていたのだ。

それからも、自宅で草野さんの長男が黄色の服を着た女性を見たり、奇妙なことは起こっている。

草野さんがこの話をすると、聞いた人や自分に良くないことが起こってきたという。

「自分たちは開けてはいけないものを開けて、霊を起こしてしまったのかもしれないです」

と草野さんは話している。


ちなみに、奥さんも自分もこの事件以来、上の前歯が黒く変色してしまったんだと。

この草野さんが目隠し(モザイク)でテレビに出てた。誰か見た人いる?

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】怪奇と煙草
【ほん怖】日本海側の観光地
【ほん怖】海の近くにある親戚の家
【ほん怖】テレビの幽霊物件特集
【ほん怖】前の住民が残したモノ

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント