【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】ベランダで洗濯物を取り込んでいた母

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】ベランダで洗濯物を取り込んでいた母

スポンサーリンク


母から聞いた話。

私がまだ赤ちゃんだった頃、
ベランダで洗濯物を取り込んでいた母。

ベランダがある部屋では私がベビーベッドで眠っていた。

キャッキャと笑い声が聞こえて来たので、

「起きたのかな?」

と声を掛けたり、子守唄を歌いながら作業。

返事をするように、
またキャキャッと笑い声。

でも何か近い。

やたら声が近い。

ベビーベッドの位置は、
ベランダから上がってもう少し奥なのに。

少し違和感を感じながら、
ハンガーにかかった最後の洗濯物を取ると、
その一つ向こう、何もかかっていないハンガーに
真っ黒なものがぶら下がっていた。

輪郭はモヤみたいにぼやけ、
バーバパパみたいな楕円形の真っ黒なもの。

それが細くて長い片腕でハンガーにぶら下がり、
キャキャッ!と声をあげて消えた。

驚いた母はしばらく立ち尽くし、
まだ揺れているハンガーを見つめていた。

その後、なんとなく私を見に行くとスヤスヤ眠っていた。

不思議と不気味な気持ちはせず、
喜んでくれたんだなと、むしろ可愛い笑い声に思えたとか。

「なんだったのでしょうね」

といまだに話してくれる。

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント