【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】不思議な記憶の真相

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】不思議な記憶の真相

スポンサーリンク


これは12年近く前の話です。

記憶に、誰も居ないのに階段が鳴り響く体験をした覚えがあったので、
母に聞いてみたところ、このような話を思い出しました。

ある日の夕方、父を除く家族が居間に集まっている状態で、(父は仕事で不在)
急に階段を誰かが登っていくような音がしました。

普通に「トントントン」という音ではなく、「ドンドンドン」と踏み鳴らす感じで。

始めは父親かと思いましたが、会社に行っており不在との事を母親が言っており、祖父と祖母、俺も居間に居ました。

好奇心旺盛な当時6歳の俺は、音が鳴り止んだ直後に、一人で二階へ確認に行ってしまったそうです(止めてよ母さんorz)。

記憶は定かではないが、電話の呼び鈴が鳴り響く音を背中に聞きながら、階段を上がっていった覚えがあります。

全ての部屋を見回りましたが、二階には誰も居ませんでした。

二階から降りてくると、電話を受けた母が、
「祖母の友人が30分ほど前に亡くなったから、通夜に出かける」と俺に告げました。

母と祖母は階段が鳴り響く前に、廊下を何かが通る気配を感じていたそうです。

元々母は実家の方で心霊体験(?)のような事を何度も体験していたようで、慣れていたようです。

結局、二人とも霊感があるようで、通った気配がこの世のものではないと解っていたために、
一人で二階に行く俺を止めなかったそうです。(悪霊だったらどうするんだヲィ)

祖母は、「最後に友人が、お別れを言いに来たのだろう」と家族に告げていました。

此処までがほんのり・・・だと思う。

母親からこの話を聞いて、ふと疑問が上がった。

なぜ祖母にお別れを言いに来たのに、居間には来ず階段を上って二階へ行ったのか。

母にこのように聞くと、「どうやら私と貴方が邪魔だったみたいだよ」と。

言葉の意味が解らないでいると、

「貴方は二階から降りてきたときに、連れて降りてきたの気付いてないでしょ?」

と、また意味不明なことを言う母。

「あれ(祖母の友人)はね、お別れを言いに来たんじゃなくて、一緒に連れて行こうとしてたんだよ」

と、言われてやっと理解した。

祖母は俺が連れてきた祖母の友人に、話しかけられていたそうだ。

「独りは寂しい、一緒に来てくれ」と。

祖母は丁寧に断ったそうで、祖母の友人も諦めかけていたとき、馬鹿な俺はこんな事を口走ったそうです。

「婆ちゃん連れてくくらいなら俺を連れて行けよ」と。

この時は母も祖母も驚いたそうです。

うちの家系は、父や祖父には霊感がまったくなく、母と祖母だけにあったので、男の俺にはないものだと思っていたそうです。

しかし、二人のように強いわけではなく、その後すぐに高熱を出したそうです。

原因が解っていたため、すぐに御祓いしてもらい熱も下がりましたが、
その一件以来、母は心霊現象などが起こると噂される所に俺が行こうとすると、過剰に反応するようになりました。

その母の反応ぶりからして、俺自身は口走った覚えはありませんが、作り話ではないなぁ、と実感しています。

そして、疑問である「何故、俺と母が邪魔だったか」というのを母に聞いてみると、
霊感のある人間に祖母が助けを求めるのを嫌ったため、
階段で物音を立て、足腰の弱い祖母以外を二階に誘導するつもりだったようです。

厳密に考えると、俺が二階から連れてきたわけではなく、
母が電話に出てしまい二階に来なかったので、仕方なく降りてきたようです。

子供の頃には霊が見えやすいなどという事が言われていますが、
正直この話を聞くと、何もない方向に話しかけている子供を楽しそうだから放っておくというのも危ない気がします。

まあ、このケースは俺が馬鹿なだけでしたがorz

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】夏の暑い昼下がり
【ほん怖】止めてはいけない数
【ほん怖】マネキンの頭部
【ほん怖】写真
【ほん怖】ピエロの置き物

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント