【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】五月荘の出来事

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】五月荘の出来事

スポンサーリンク


五月荘ってのは、
僕の行ってた中学の真横にあったおんぼろアパートで、
僕が入学した時には誰も住んでなかった。

ツタとか雑草が生えてて人の気配は全く無いくせに、
二階の通路にある窓はいつも開いてて、不気味だったんだ。

でも、とうとう立て壊しが決まったらしいって噂を聞いて、

「潰れる前に、中はどんなのか見に行こうよ」

と、連れとともに探検に出かけたんだ。
(山寺に行ったのとほぼ同じ面子。馬鹿ばっか)

中に入ったら、もうボロボロ。

床にも穴が開いてたり歪んで、
歩くと足を取られる。

俺はぜひとも二階の窓を見に行きたくて、
階段を登ろうとしたんだけど、

「とりあえず一階から攻めていこうぜ」

と連れたちが言うので、後回しにした。

一階は三つ部屋があって、
どの部屋にも鍵はかかってなかった。

手前の部屋から入っていく俺たち。

最初の部屋は家具がほとんど残ってなくて、
部屋の真ん中に日本酒の瓶が置いてあって、
その周りに小銭が散らばってた。

床は新聞紙とか雑誌とか散乱してて汚い。

「乞食が生活してたんじゃないの?」

とか言いつつ次の部屋へ。

次の部屋は何にも無かった。

びっくりするぐらい綺麗に何にも。

でも床の真ん中が窪んでるんだよ。

「なんだこれ」

って連れの一人がその窪みに入っていったら、
ずどん!って床が抜けて、
連れは落とし穴にはまったみたいに上半身だけ出して、怒ってた。

で、最後の奥の部屋。

後付なのかも知れないけど、
その部屋には入るの嫌な感じがしたんだ。

連れがドアを開け放ったとき、
ここに来たことをすごく後悔した。

部屋には、なんというか、
今でも映像は記憶として残ってるんだけど、
真実味が全く無い。

でも、ほんとに、
部屋にはもう埋め尽くすぐらいマネキンが立ってたんだ。

ほんと100体ぐらい。びっしり。

ドアを最初に開けた奴が
「うわ!」って叫んで逃げ出した。

俺も逃げた。

残った連れがしばらくして出てきて、

「あのマネキン、全部女のだった」

って言ったとき、
めちゃくちゃ怖かった。

それからずっとさ、気になるんだよ。

教室から見える、二階の廊下の開いてる窓。

暗くて何も見えないんだけど。

あそこから俺を見張ってたらどうしようとか、
もうそんなことばっかりよぎるんだ。

しばらくして、ほんとに建て壊されたけど、
もうほんと、二階に登ってなくてよかった。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント