【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】大震災の朝

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】大震災の朝

スポンサーリンク


ふと思い出した、大震災の時の話です。

被害の比較的小さい地域だったのですが、
当時住んでいたのは築10年程のマンション8階で、結構揺れました。
(ピアノは固定台から外れ30cm程動き、食器棚は倒れ中身はほぼ全壊。
台に置いていた電子レンジや炊飯器は、コンセントが引っこ抜けて部屋の端から端まで吹っ飛ぶといった状況でした)

家族全員地震に飛び起き、
もしもの時の避難にとりあえず着替えだけは済ませようとしていた時…
玄関のチャイムが鳴りました。

インターホンに出てみれば友人です。

当時中学生だった私は、友人と早朝マラソンを毎日していたのですが、
彼女は今日もその誘いに来たというのです。

とりあえず家に入れ、

「え…(こんなすごい地震なのに)何で来たの?マンション揺れてなかった?」

等と聞いた所、きょとんとして、

「へ、何それ?あ、何かこの家散らかってるね~どうしたの?」

と、地震を知らない様子。

しかも、エレベータで上がってきたというのです。

彼女の家からうちまでは徒歩で10分程度。

寄り道はしなかったということなので、

逆算すると丁度揺れてる真っ只中に家を出て、余震もある中歩いてきた事になるのですが…

「ブロックとか瓦とか落ちてこなかった?」

と言っても、

「ううん、全然」

という返事です。

さっぱり訳がわかりません。

ですが、とりあえず今日は止めようと彼女を促し、階段で下まで降りました。

一階ロビーで見ると、案の定エレベータは止まっていました。

マンションの壁には幾筋も亀裂が入っています。

近所の一軒屋の瓦は3分の1程道に落ちて割れているし、
道路もひび割れ隆起するなど、周囲もなかなかひどい状況です。

彼女はそれを見て心底びっくりしたらしく、

「ちょっと帰るわ」

と走って帰りました。

後日聞くと、彼女の家(年代物)も被害が大きくて驚いたとの事でした。

何故彼女が地震に気付かず、余震もある中エレベータで8階まで来られたのでしょうか…。

鈍いだけなのか、守護霊でもいるのか、はたまた時空の歪みでも通ってきたのか。

いずれにせよ、当時は彼女をほんのりと怖い子だと思ったのでした。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】高熱の原因
【ほん怖】学校の噂
【ほん怖】隠れんぼ
【ほん怖】黒い集団
【ほん怖】死体を運ぶ

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント