【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】小さいころ祖父が病院で死んだ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】小さいころ祖父が病院で死んだ

スポンサーリンク


小さいころ祖父が病院で死んだ。

両親と駆けつけたときはもう霊安室だった。

両親はじめ親戚みんなばたばたする中、
どんな拍子かオレだけ霊安室に残されることになった。

「線香は絶対切らさんようにね」

と念を押されて、
オレは素直に線香をじっと見続けていた。

どれぐらい経ったろうか、
ふと祖父の方に目をやると、
ベッドからなぜか手が出ていたんだ。

オレは子供心に

「こりゃいけん。
ベッドの中に戻してあげないと」

と思って、
祖父の手をベッドの布団の中に戻そうと近づいていった。

そしてまさに祖父の手に触ろうとした瞬間、
ピクッッと祖父の手が動いて布団の中に戻った。

オレはビックリして声も出なかった。

それからしばらくして両親やら親戚やらが戻ってきた。

「偉かったねー。一人で留守番できたねー」

とかおばさんやらが言ってたが、
その中の一人が、

「お、線香の灰が折れんで蚊取り線香のように丸まっちょる。
これって仏さんが喜んだときになるっちゅうんよ。
私しゃ初めてみたわぁ。
坊がよう仏さん守っとったからじゃろう」

と言ってオレの頭をなでてくれた。

オレはその時、
たぶんニカッと笑ったと思う。

拍手[2回]