【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】小学校の屋上

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】小学校の屋上

スポンサーリンク


小学生の時にいじめに遭ってて、
とうとう教室移動のどさくさに逃げ出した。

でも、家には母親がいるから帰られない。

結局、小学校の屋上に通じるドアの前で
授業が終わるのを待っていた。

だが、休み時間に他の学年の生徒に見つかり
(彼らは何も言わないで去っていった)、
どうしたものかと、
普段鍵がかかっている筈のドアノブを何となく回してみると、
驚いた事に鍵がかかっていなかった。

屋上に出て、
しばらくボーっとしていたんだけど、
ふとこのまま飛び降りちゃおうかなとか考えて、
屋上の端に行った。

フェンスが無かったので、
簡単に飛び降りる事が出来る状況だった。

ま、寸前に我に返って
慌ててそこから離れたんだけど。

その時は冬だったし、
上着も持っていなかったので、
寒くてまた中に戻った。

そこで、先生に見つかった。

今まで何処にいたのか?との質問に、
屋上にいたと応えると、
先生達は顔を見合わせて、

「どうして鍵が開いていたんだろう……」

今、その時の事を思い出すと、
たまたま鍵が開いていたというタイミングの良さに、
もしかして呼ばれてたのかなとか、少し怖くなる。

余談だが、飛び降りる寸前で我に返ったのは、
本当にハッキリと目の前に家族の顔が浮かんだせいだった。

思わず驚いて、
身体がのけぞったぐらいハッキリと見えた。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント