【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】山道の坂を自転車で下っていた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】山道の坂を自転車で下っていた

スポンサーリンク


会社の帰りに半山道の坂を自転車で下っていたら、
資材置き場の駐車場にちょっと大きめのシャム猫がいた。

明日の朝食用のパンでもあげようかなとかそちらを見ていたら、
進行方向側が急に黒くなった。

なんだとか思って、
正面を向いたらすぐ前がまっくらになっていた。

ほんの1メートルくらい先から切り取られたように、
黒くなっていた。

驚いて自転車を止めようとしたけど、
坂なこともあってそのまま突っ込んでしまった。

真っ暗だったのはほんの数秒ほど。

すぐに抜けたのはいいんだけど、
なぜか場所がワープしていた。

猫を見たのが坂の初めで、
抜けたところは坂の終りだった。

大体普通に走ると自転車で15分くらい。

時計をみると1分も経ってなかった。

なんだかキツネにつままれるような不思議体験だった。

まあ、実際にはネコにつままれた話なんだろうけど。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント