【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】思い出す

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】思い出す

スポンサーリンク


赤いワンピースで思い出した。

2年前、マンションで一人暮らししてた時の話ね。

大学に行くいつもの電車の途中でケータイが無かったから、
どっかに置き忘れたのかと思って、朝起きてからの行動をひとつひとつ思い出してたら、
ふと変な記憶がある事に気づいた。

――玄関を出るときに、廊下の奥、部屋のドアの前に女がいた???

変だなと思って、その前後何してたかを考えたんだけど、
玄関で屈んで、靴を履いて、立って、ドアノブに手をやってちょっと後ろを振り返る、
その瞬間に確かに『女を見た』という記憶があるんだよ。

でも、何事も無かったようにオレはその後ドアを開けて、鍵を閉めてたんだよ。

その時は本当になにも思わなかった。明らかにありえないシチュエーションなのに。
女の服装もはっきり覚えてた。赤いブラウスとスカートで、髪は黒くて長くて、裸足だった。

でも、肝心の女の顔がぜんぜん思い出せないんだよな。なんかぼかしが掛かったみたいで。

訳わかんなくて微妙に背筋が寒くなった。

その日はその事ばっかり考えて、家に帰るのが怖かったと思うんだけど、家に帰っても何も起こらなかった。

これだけ。別になにも現象は起きてないんだけど、気づいた時はめちゃくちゃ怖かった。

ケータイがどうなったか覚えてない。

いまいち上手く説明できなくてスマソ

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】中古マンションのエレベーター
【ほん怖】異物混入
【ほん怖】半分の家
【ほん怖】地下街の住民
【ほん怖】キングローズと桃色の牡丹

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント