【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】東尋坊の近くに波乗りに出かけた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】東尋坊の近くに波乗りに出かけた

スポンサーリンク


五~六年前、福井の三国サンセットビーチ、
東尋坊の近くに波乗りに出かけた。

肩~頭くらいのファンウェーブで気分良く海から上がった。

しかし、家につくころには、
四時間近く車を運転した事もありクタクタに疲れていた。

普段ならそんな事は絶対に無いが、
タマゴボーロとベロベロキャンディが無性に食いたくなった。

面倒くさいな~と思いつつも
嫁とスーパーに買いに行った。

買い物を済ませて家に戻ると、
そんなもの食いたいとすら思わなかった。

なんか変やな~と思いつつも酒を飲んで、
気がつけば寝ていた。

夜中の2時~3時くらいだったと思う。

人の視線というか、
気配を感じて目がさめた。

起きようとしたが体が全く動かない・・

目だけが動く状態。

辺りを見回す。

部屋のすみに置いてあるTVと壁の間に、
三角形に見える人影の様なものが立っている。

それが段々近づいてくる。

50センチくらいずつ瞬間移動しながら。
いつの間にかそれは、
自分が寝ているベットと寝る前にお菓子を置いたベット脇の小さいテーブルの前に立っていた。

それは赤い家紋入りの着物に、
色褪せた黄色い帯を巻いた、
4~5才くらいの女の子。

視線を上に移すと、
カミソリの様なもので無理矢理削いだ毛先が見えた。

当時美容関係に勤めていたので、
本で読んだ大昔のカット技法を瞬時に思い出した。

髪は長く量も多かった。

三角形の様に見えたのはその為だと思う。

窓から射す月明かりが、
その子の顔を青白く照らしている。

子どもらしい丸みを帯びた可愛らしい顔をしていたが、目がない。

まるでくり貫かれた様に・・・

?と思った瞬間、
お菓子をせがむ様に手足をばたつかせて、消えた。

不思議と全く恐怖を感じなかった。

テーブルの上のタマゴボーロとベロベロキャンディの包装を破って、
その子に供えました。

何百年も前にこの世を去った子がお菓子を欲しがっていたんだなと、
今でも切なくなる事もあります。

同じ様な体験をされた方いませんか?

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント