【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】森の中から変な声が聞こえてくる

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】森の中から変な声が聞こえてくる

スポンサーリンク


私が東南アジアのとある国に仕事で行っていた時の事。

付近の村の現地住民から、

「夜中になると、森の中から変な声が聞こえてくるんだ。
それが、日本語みたいな気がする」

という話を聞いた。

何て声が聞こえるのか聞いたら、

「オカアサン」
「イタイ」
「トツゲキ」
「バンザイ」

と聞こえ、男の人の泣き叫ぶ声も響き渡り、
怖くてトイレにも行けないという。

実際に確認しに行ってみたら
「オカアサーン」って聞こえ驚いた。

その土地の事を調べてみたら、
太平洋戦争時、米軍に追い詰められた日本軍部隊が、
万歳突撃を敢行し全員玉砕した所だった。

帰国する前、その森を同僚達と訪ね、
煙草と線香をお供えしたが、
未だに成仏できない英霊が沢山いらっしゃると思うと、
何だかせつなくなった。

後日、この話を社長に聞いてもらった所、
会社の計らいで日本の僧侶に行ってもらい、
慰霊をしてもらった。

その後、森からの声は全く聞こえなくなったそうだ。

数十万人の日本兵が戦病死したニューギニア島では、

今でも、

「シカリシロ」
「ガンバレ」

ってゆう励ましあう声が、
夜な夜なジャングルの中から聞こえてくるらしいよ。

原住民達は日本語が分からないから、
森の精霊達の声だと思ってるらしいが。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント