【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】消えた友達

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】消えた友達

スポンサーリンク


小学生の頃、けっこう手酷くいじめられてた。

その頃のことはあまり思い出したくないんだけど、ちょっと気になることがひとつ。

いじめられてた当時、それでも仲良くしてくれてた友達がいたんだ。S君。

S君と遊びに行った場所は今でも覚えてる。

学校の裏の山とか、近所にあった底なし沼とか。

学年も変わり、やっとクラスの人とも少しは打ち解けられるようになる頃だったか、
親の仕事の都合の引っ越しがあり、その小学校を転校し、
中学にあがると同時に元の住所近くに戻った。

中学生になったらS君と会えると、ちょっと楽しみにしてた。

でも、いざ中学に通うようになってみたらS君はいない。

彼も転校したのかと思い、同じ小学校出身の人に聞いてみた。

…ところが、返ってくる返事が驚くようなものばかりだった。

誰ひとりS君の存在を覚えてなかったんだ。

いじめられてた自分よりも、よっぽど同級生とも打ち解けていたのに。

友達だって自分よりも多かった。

それなのに、S君のことを覚えている人が誰もいない。

卒業アルバムも見せてもらったんだが、なんでだかS君はその中にはいないし、
転校したのかとも思ったんだけど、それでもひとりくらいは覚えていそうだし…

そこまで考えて、ふと思った。

最初からS君なんていなかったんじゃないか?

いじめられた自分が、淋しくて想像で造り出した架空の人間だったんじゃないか?

…それじゃ、あの時自分はひとりで虚空に向かってしゃべって笑ってたのかな。

いや、でも一年間同じクラスだったんだよ、S君の顔は今でも覚えてる。

中学を卒業してからもう何年も過ぎたんだけど、いまだにS君の所在は不明。

自分の妄想上の友達だったのか、実在した同級生だったのかどうかも不明。

いずれにせよ、あの頃一緒にいてくれてありがとうと伝えたい。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】山奥でのキャンプ
【ほん怖】違うよな?
【ほん怖】哀しい先輩
【ほん怖】ベランダの落し物
【ほん怖】自縛

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント