【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】誰からも好かれていた母

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】誰からも好かれていた母

スポンサーリンク


私の家族は、自由奔放な父と、明るく誰からも好かれる母。

どこにでもいてる三人家族でした。

あそこに住むまでは。

今から12年前に引っ越した、3階建ての赤黒いマンション。

その辺りは晴れてても、淋しい雰囲気でした。

部屋は3LDKの一階。私の部屋は和室。

窓は大きいのにとても暗かった。

初めて見た時の事は覚えてないけど、真っ赤な着物を着た女が毎晩、
布団の周りをウロウロしてました。

毎日電気をつけて全身に布団かぶって寝てたんですけど、
ちょっと隙間あけてみると女も覗いてる。

大体そこで記憶はとんで、起きたら汗びっしょり。

風邪ひきやすくなったのもその頃からです。

転校してすぐ友達も出来、私の母親がとても明るく優しかったので、
いつも家に友達が遊びにきてたんですが、
誰かが来るとラジカセがついたり声が聞こえたり、
皆でちょっとした肝試しみたいなことをしてました。

色々ありすぎたので省きますが、気になったのは、
みんな家に来ると絶対寝るんです。

誰かから聞いたんですが、そうゆう空間にいると眠くなるらしいです。

詳しくは知らないんですけど。

家族に異変があったのは、私が中学に入ってすぐでした。

クラブが終わって家に帰ると、部屋が真っ暗なんです。

いつもは母が晩ご飯の用意をして、
『おかえりー』って言ってくれてたのに、
その日は誰もいない。

晩ご飯もできてない。

とりあえず電気をつけようとしたけど、つかない。

電球買いにいったんかなと、自分の部屋入ると母親いるんですよ。

ベットあるのに、床にうつ伏せなって動かない。

「お母さん?」

って声をかけると普通に起きてる。

「なあに?」

目は何か虚ろでいつもと全然違う。

「何て、何してるんよ?」
「・・・・」
「ってかご飯は?」

って聞いたときでした。

「うるさいいいいいいぃぃぃぃ!!!」

母は急に立ち上がって私の髪の毛を掴み、
びびって倒れた私のお腹を何度も蹴りまくった。

何が起こったのかわからなかった。

首しめられ、

「おまえが悪いんや」

やらなんか叫んでたけど、その時の私は放心状態だったと思う。

それからは地獄でした。

母は毎日、仏壇とか窓に向かって

「入ってくんな。殺すぞ」

って一人で喋ってた。

きついのが、夜一人で外に出て、線香を道路にずっと並べていくんです。

泣いて止めても、

「姫は私がまもります」

とか、

「おまえで最後。だから大丈夫」

とか、意味不明でした。

今まで元気だった母が急に別人のようになり、悲しくて恥ずかしかった。

高校に入ってすぐ引っ越し、母は精神病院へ、父は刑務所へ。

後から聞いたんですが、あの辺りは霊道が通ってて、
マンションの裏には小さい祠があるらしいです。

あと、うちの父の家系が呪われてるという話も聞きました。

私で最後って事らしいんですが、
もしかしたら母が守ってくれたのかもしれないです。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】違うよな?
【ほん怖】哀しい先輩
【ほん怖】ベランダの落し物
【ほん怖】自縛
【ほん怖】消えた友達

拍手[6回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント