【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】禁断症状

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】禁断症状

スポンサーリンク


自宅にいると目の端々に人影みたいなものや、佇んでる人っぽいものを見る様になった。

夜に寝る為に電気消して真っ暗にすると、白い壁に手の平に乗るくらいの猿が何匹も壁登ってる・・・。

昼間や暗闇でも、目閉じると5センチ前に女の目があって、シャンプー中にビビッて独り声出して驚く。

しかも霊感なんぞ否定派だから、思い違いと思いたい。

ほんのりと恐いっしょ。しかし後日談があって・・・。



実は知らず知らずアルコール依存症に陥っていて、全ては酒が切れたときに見る禁断症状の幻覚だったんです。

俺って酒強ぇなぁ、ってくらいで自覚症状無し。妻も見抜けなかった。

お互いほんのり怖くなった。

マジカキコすると、霊だ霊だ言ってる人達ってのは、何らかの脳の機能で幻覚見てるのかも。

だからこそ、あそこまでマジになれると思った。

事実俺も、幽霊っていたんだと少し思い始めてた。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】大震災の朝
【ほん怖】ナゼ?
【ほん怖】友人と行ったカラオケ屋
【ほん怖】ばあちゃんがボケはじめた時
【ほん怖】死体を運ぶ

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント