【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】誘拐未遂

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】誘拐未遂

スポンサーリンク


オカルトじゃないけど、今考えると怖い話を…。

これは夢とかじゃなく実際に体験した事なんだけど、
幼稚園から小学校4年生くらいまでの間に、
学校の行き帰りとか家の前の路上とかで、
もちろんまっ昼間に、知らないおじいさんやおばあさんに、
強引に手をひっぱられて連れて行かれそうになったことが、
1度や2度じゃなく何十回とある。

そのときは手を振り解いて走って逃げるんだけど、
不思議なことに後を追ってくるようなことは1度もなかったし、
後ろを振り返ることもしなかったから、
その人たちがその後どうしたかはわからない。

いいかげん何度もあるから『怖い』とは思わず、『またか』みたいな感じで騒いだりもしなかった。

逝っちゃってる人と考えるにはいつも違う人だし、場所もいつも違うし、
お年寄りのときもあれば、もう少し若い人もいた。見た目もフツーな感じ。

ちなみに、近くにそれようの施設もないし、場所は渋谷からすぐの都会のど真ん中んで、
子どもの時はみんなにも同じようなことがあると思ってた。

でも友達同士で話すことはなかったな…もちろん親にも言わなかった。
で、大人になってから「こう云う事ってよくあったよね~」となにげに話したら、全員に「ない!」って…。

「じゃ、アレは何だったの!」って、大人になってから怖くなっちゃって。

それで考えたんだけど…あのまま素直に連れて行かれたら、『神隠し』とかになるんじゃないかと…。

同じような経験した人いませんか?

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】首塚の隣にある大学寮
【ほん怖】トイレ追いかけっこ
【ほん怖】夕暮れの骸
【ほん怖】あの8月を忘れない
【ほん怖】思い出に残っている絵

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント