【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】首塚の隣にある大学寮

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】首塚の隣にある大学寮

スポンサーリンク


今から八年前の五月のお話。

大学の寮に住んでたんだけど、その寮は凄かった。

古戦場の近くで、その関係のお寺が近所にあり、
さらに寮のとなりの竹林には首塚があった。

俺の部屋の真下の部屋では首つり自殺がおきたし・・・。

だから霊感の少しでもある奴は、入居どころか近寄りもしない。

寮の奴らは霊感が無いどころか、
寮に入るまで金縛りにもあったことのない奴らの集団なわけなんだけど、
たいてい入寮して二,三ヶ月以内には面白い体験をみんなする。

その年の新入生で、俺の部屋の廊下をはさんで向かいの部屋へ入ってきたのがAだった。

その部屋は窓から竹林がみえ、
寮の中でも一番おもしろい体験のできる部屋だったが、
Aはまったく気にしてないようだった。

ゴールデンウィーク中のこと、寮の暇な奴らが集まって麻雀をすることになった。

そのなかにAもいた。

麻雀を打ちながら、寮で起こる不思議な現象についての話になった。

俺「A、お前そろそろ体験したんか?」

A「すこしだけっすね」

俺「お前のまえにあの部屋におった先輩は、『窓開けて寝てたら竹林から生首が飛んできた』っていっとったぞ」

A「飛んできましたよ」

俺「!!・・・で、どうした」

A「別にどうも。
  なんか金縛りとかになってむかついたんで、
  殺れるもんなら殺ってみろ、て思ってたら消えました」

俺「・・・」

と、ここまでで話が終われば笑い話になったんだけど・・・。

Aは五月の後半に交通事故をおこし、四日間の昏睡状態の後亡くなりました。

首の骨を骨折して・・・。

その後もこの寮ではいろいろなことが起きました。
ほんのりと恐かったです。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】違和感のある部屋
【ほん怖】告別式の帰り
【ほん怖】白石川での渓流釣り
【ほん怖】キャンプ場の獣
【ほん怖】居間のドアを開けた瞬間

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント